NIPT -予約編-

妊娠中

妊娠がわかって1ヶ月くらい経った頃、出生前診断について考え始めました。
44歳の超高齢出産、40歳越えた頃からずっと、もし妊娠したら出生前診断はしようと決めていました。
認定施設で検査を受けようと考えている方は、意外と予約が大変なので早めに予約されることをお勧めします。

NIPT認定施設と認定外施設

私がNIPTの病院を探し始めたのが、妊娠がわかって1ヶ月経ったくらいの2017年11月くらい。
NIPTには「NIPT認定施設」というのがあり、日本医学会が実施施設を認定をしているそうです。私は初めてのNIPTということもあり、その認定施設で受けることにしました。

日本医学会が認定するNIPT実施施設
http://www.nipt.jp/info/link11.cgi

NIPT検査を受けることでまず悩むのが認定施設にするかどうか、ということだと思います。
認定外で受けたことがないので比較はできませんが、認定施設には遺伝専門職である臨床遺伝専門医認定遺伝カウンセラーさんがいらっしゃり、十分なカウンセリングをしてくださいます。

NIPT検査予約

認定施設の東京・神奈川で探してみたのですが、意外と予約が面倒だった・・・
例えば「国立成育医療研究センター」なんかは通院中の病院経由で予約だし、
あとは分娩予定の人しか予約できないとか・・・電話予約のみとか・・・(仕事をしていたので日中電話ができないっ)

医療機関からの予約のみ(2019年9月時点)

国立成育医療研究センター

山王病院

昭和大学横浜市北部病院

分娩予定の妊婦しか受けられない(または分娩予定の妊婦優先)

東京女子医科大学

日本医科大学病院

日本赤十字社医療センター

東京慈恵会医科大学

東京大学医学部附属病院

東海大学医学部付属病院

ネットで予約できる

昭和大学病院

東邦大学医療センター大森病院

母子愛育会 総合母子保健センター 愛育クリニック

杏林大学医学部付属病院

電話予約のみ

横浜市立大学

よくわからなかった病院

榊原記念病院(わかる方、教えてください・・・)

結局、2017年11月の時点でネットで予約できたのは東邦大学のみだったので(だった気がする)
東邦大学でNIPT検査を受けることにしました。

東邦大学の場合にはネットで予約すると後日電話がかかってきて予約をします。結果的に2017年12月末に検査を受けることになりました。

続きは「NIPT -検査編-」で!

MARUKO

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました